青春18きっぷ入門ガイド
初めて使う前に知っておきたいこと

18きっぷ検索とは

青春18きっぷ」って何?どうやって使うの?
うまく使えば、お得に列車の旅を楽しめる「青春18きっぷ」の使い方ガイドです。

青春18きっぷとは

青春18きっぷ」は、JR各社が期間限定で発売しているお得なきっぷ(フリーパス)の一種です。
特急や新幹線には乗車できませんが、普通列車や快速列車が1日乗り放題になります。

「青春18きっぷ」というネーミングですが、購入に年齢の制限はありません。青春がもう終わっているかもしれないあなたでも大丈夫です。

どこで買える?どうやって使うの?

JRの駅にある「みどりの窓口」で、5日分11,850円で発売しています。残念ながら1日ごとのバラ売りはありません。
きっぷ1日分あたりのねだんは2,370円なので、1日に2,370円の運賃がかかる距離を移動すれば、元がとれる計算になります。

18きっぷ

きっぷは、5日分が1枚になっています。切り離しはできませんが、分け合って複数人で旅行することも可能です。
駅で使用すると、日付入りのスタンプが押されていきます。
お得に使うためには、5日分をどう使いきるかを事前に計画することが重要です。

こんなふうに使うとお得

[110] 【5人で日帰り旅行】

5人で日帰り旅行

例えば...東京から出発して鴨川の水族館へ!

5人で出かけて、きっぷを1日で使いきるパターンです。ひとりあたり2,170円お得になります。
このようなワイワイ集まって出かけるようなシーンにも意外と使えます。JRで往復2,370円以上かかるスポットまでいくのであれば基本的にモトが取れるので、複数人での都市近郊日帰り旅行にも活用できます。

[110] 【2人でお出かけ 1泊2日】

2人で会津の史跡を巡る

例えば...2人で会津の史跡を巡ろう

18きっぷを2人で分け合って、片道に1日分ずつきっぷを使用した例です。計4日分の使用になり、1日分が余りますが、のこり1日分を使わなかったとしても1人当たり4,235円お得になります(ちゃんとワリカンした場合)。もちろん後日1人でどこかに出かけてもOK。
乗車時間は5時間を超えるので、列車の旅自体を楽しめるかどうかという点も重要です。18きっぷの旅では途中下車もOKなので、ちょっと寄り道して息抜きしてみたり、駅弁を買ってみたり...長い乗車時間を楽しく過ごす工夫をしてみては。

利用の前に知っておきたいこと

利用の際に知っておきたい基本的な情報をまとめました。青春18きっぷには販売期間・利用期間があります。半分とっておいて来年使う、といったことはできないので、利用期間内に使い切れるようにスケジューリングすることが重要です。

ねだん 11,850円(5日分)
発売期間 2017/12/1~2017/12/31(冬季)
利用期間 2017/12/10~2018/1/10(冬季)
発売場所 JRの駅の「みどりの窓口」

青春18きっぷルートの調べ方

検索画面の[検索条件を変更]

有料特急利用:[青春18きっぷ]
でJRの鈍行を利用した経路が調べられます。
※「優先列車」の項目は「のぞみ優先」のままで構いません。

青春18きっぷ検索サンプル

※料金は参考までに通常料金を案内しています。

青春18きっぷ検索サンプル