駅クチコミ情報

「川崎市民っす!」さんからの投稿@久里浜駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-01-21

当駅【久里浜駅】の前には、横浜・東京方面へ路線競合する京浜急行電鉄【京急久里浜駅】があります。横浜へ向けて比較的直線の路線形状を持つ京急と比較して、大船経由のJR横須賀線は「三角形の二辺」を廻るような路線形状で距離が長く、時間・運賃共に劣勢です。このことから、駅構内は比較的閑散としています。因みに、終着駅であるにもかかわらず、当駅からは更に南へ線路が延びています。この線路は車両入換用の引込線。主に朝晩に回送列車が入ってきますが、踏切上で停まって折り返す風景は不思議な光景ですよ。(しかも、この区間の踏切は閉まるとナカナカ開かない!)この引込線の草の生えたヘロヘロな単線の線路は、ローカル線のような雰囲気ですが、そこに横須賀線の銀ピカ電車が入ってくるのも不思議な光景と言えます。線路終端部の車止めは、更にその先にありました…線路の端がどこにあるのかを見に行くだけで、駅からソコソコの散歩です。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@国縫駅(北海道)

評価
投稿日
2018-01-20

曾ては瀬棚線(国縫-美利河-今金-北檜山-瀬棚)が分岐するジャンクション駅でしたが、その瀬棚線が1987年に廃止され、当駅も駅員無配置駅となりました。昔は駅員さんが多めに配置されていたんだろうな~と推測できる、少し大きめの木造駅舎の待合室は、今はガランとしており、ジャンクション機能を失った駅の姿は寂しく感じられました。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@川奈駅(静岡)(静岡)

評価
投稿日
2018-01-20

駅舎を出ると、右手に「東急ストア(川奈店)」・左手に「三島信用金庫(川奈駅支店)」が駅舎建物に入っているのが目に入ります。伊豆急行では定期的に【伊豆急全線ウォーク】というウォーキングイベントを開催していますが、自分がこれに参加し当駅に立ち寄った際、東急ストアでの食糧調達と、三島信金ATMでの預金引出しをして、おみやげ用の予算を増強(笑)したことがありますよ。静岡県東伊豆地域は、東急電鉄が地域の開発に力を入れてきた歴史があり、ここを走る鉄道の伊豆急行線も東急電鉄の子会社。なので、ここに東急ストアがあっても不思議は無いのですが、やっぱり、普段は私の住む川崎市内(東急電鉄沿線)にある東急ストアを利用している立場からすると、「伊豆半島にまで東急ストアがあるなんて!」と思ったりします。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@二子新地駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-01-20

東京側・二子玉川から見ると、多摩川を渡って神奈川県川崎市に入ってスグに現れるのが当駅です。田園都市線【各停】と、大井町線【B各停(田園都市線経由の各停)】とが停車します。多摩川の土手にも近いことから、多摩川散策の最寄り駅。毎年夏に多摩川で開催される花火大会【川崎市制記念多摩川花火大会・世田谷区たまがわ花火大会】の日にはスゴ~く混雑しますよ。花火大会は、川崎市と世田谷区との合同開催となることが多いことから規模も大きく、駅には臨時改札口が開設されます。臨時改札口は、上り4番プラットホームのやや渋谷方にある「開かずの扉」の向こう側に隠れた臨時階段を下りてゆく構造です。この通路は花火大会の日しか通れないレアな存在。花火大会の日に二子新地駅に降り立つと、「壁の向こうに、こんなシッカリした通路が隠れているとは!」と、毎年のように感心します。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@二見浦駅(三重)

評価
投稿日
2018-01-20

【夫婦岩】や【二見興玉神社】がある、二見浦(ふたみ「が」うら)への最寄駅は、当駅・二見浦(ふたみ「の」うら)駅です。今ではローカル輸送が中心のJR参宮線ですが、長~いプラットホームはかつては東京などからも直通列車があって賑わったのだろうな~と、感じさせます。駅舎外観は、夫婦岩をイメージしたようなデザインのガラス張り駅舎。観光地の玄関駅ではありますが、近鉄との競争で劣勢となった参宮線は利用者も少なく、当駅も駅員無配置駅となっています。駅を出て夫婦岩までは徒歩15分程度。途中、古くからの旅館街を通るので、観光ルートとしては魅力的です。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@秩父別駅(北海道)

評価
投稿日
2018-01-20

当駅は、北海道雨竜郡秩父別町の中心駅。今では、駅員無配置駅となっていますが、大きめの木造駅舎内は清掃が行き届いており、また、駅周辺にはJAの倉庫が建ち並んでいる風景があります。秩父別町の玄関駅として、かつては「ヒト」・「モノ」が沢山集まっていたであろう風景が、今の残存する風景から推し測ることが出来ます。以前、平日早朝に、増毛からの上り深川ゆき【普通】で当駅を通りがかったことがありますが、当駅から沢山の学生さん達が乗り込んで来て、列車出入口ステップ部分まで乗客がイッパイになる風景がありました。本来は大量輸送に向いていると言われる鉄道が本領を活かすことの出来る(活かすべき)風景がありました。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@留萌駅(北海道)

評価
投稿日
2018-01-19

鉄筋コンクリート造りの駅舎外観は、いかにも「国鉄の中核駅」というイメージの威厳を感じさせる存在です。駅舎をよく見ると、2階に【FMもえる】(76.9MHz)という文字が掲げられており、駅舎がスタジオとして活用されています。そして駅に裏手に目を遣ると【留萌船場公園(るしんふれ愛パーク)】という公園が広がっていますが、この場所はかつて【羽幌線(留萠-羽幌-幌延)】【手塩炭砿鉄道線(留萠-達布)】が発着していた駅構内跡地。地図で俯瞰してみると、かつての留萌駅が「八」の字のように末広がりの駅構内地形だったことが判ります。

「キャン(^^)」さんからの投稿@熱海駅(静岡)

評価
投稿日
2018-01-05

温泉街で有名な熱海駅!一昨年、駅ビルの【ラスカ熱海】が完成!店舗はお土産屋さんや、飲食店など賑やかでしたよ!随分綺麗になりましたね、駅前の雰囲気も。バスターミナルとロータリーの間には【足湯】も。お食事処でいただきました(イカメンチ)は、…旨かったな~\(^o^)/さ、リゾート21キンメ号に乗って出発だぁ!

「川崎市民っす!」さんからの投稿@蓮沼駅(東京)

評価
投稿日
2018-01-03

当駅は構内踏切が既に廃止され、「上り(五反田方面)」と「下り(蒲田方面)」とは別々の駅舎から出入りする構造となっています。(上下乗場間の駅構内往来が出来ない。)また、自動改札化が比較的遅かったこともあり、平成前半の有人改札をしていた頃、親切な駅員さんがいて、下り駅舎(駅本屋)内でお茶を戴いたことがあるのは私にとって良い思い出です。駅前の「警視庁池上警察署蓮沼交番」の裏手に進むと、【はすぬま温泉】という銭湯温泉があります。2017.12.16にリニューアルオープンしました。はすぬま温泉の御主人曰く、「道後温泉」(愛媛県)をイメージしたという綺麗な浴室となり、炭酸風呂でゆったり入ると気持ち良いですよ~!

「川崎市民っす!」さんからの投稿@大涌谷駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-01-03

かつての箱根ロープウェイは、「複線自動循環式普通索道」として早雲山~桃源台間を直通運転していましたが、老朽化による更新の際に「複式単線自動循環式普通索道(フニテル)」となり、横風に強くなりました。しかしながら、運行区間が【第1区線】(早雲山-大涌谷)と、【第2区線】(大涌谷-姥子-桃源台)とに分離され、お互いの路線が直通していないことから、当駅通過利用の場合でも当駅での乗り換えが必要な構造になりました。因みに、大涌谷付近の噴煙が活発になってから、箱根名物【黒玉子】で有名な黒玉子茶屋までの遊歩道は通行止めとなっていますが、黒玉子自体は当駅周辺のお店でも購入できますよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@強羅駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-01-03

箱根登山鉄道【鉄道線】(小田原-箱根湯本-強羅)と、箱根登山鉄道【鋼索線(ケーブルカー)】(強羅-早雲山)とのジャンクション駅です。ただ、鉄道線輸送力と鋼索線輸送力とに差があることから、特に行楽シーズンにはケーブルカーへの乗換待ち旅客の長蛇の列が現れます。また、御殿場プレミアム・アウトレット方面へ行く箱根登山バスも当駅前から発着することから、当駅付近に宿を取れば、箱根周遊の選択肢が広がりますね。因みに、駅舎内のおみやげ店は品揃えがソコソコ充実しており、小田原方面へ帰る際には重宝しますよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@赤塚駅(茨城)(茨城)

評価
投稿日
2018-01-03

当駅の南口側には、IYグループのショッピングモール【ヨークタウン】があります。そして、当駅からはJRバス【水都東線】(水戸-泉町一丁目-自由ヶ丘-常磐大学前-姫子一丁目-赤塚東踏切-赤塚)というローカル路線バスが接続していますが、この路線名は曾て国鉄バス時代に「【水】戸」と「宇【都】宮」とを結んでいた名残。石塚・長倉宿・茂木へも路線が続いていましたが、今は僅かに水戸市街地のみの区間が生き残ります。更にこの路線バスには、主に常磐大学の学生さん向けに【快速・スワロー号】(常磐大学前→赤塚駅南口)・(常磐大学前→水戸)という便がありましたが、いつの間にか廃止されてしまいました。因みに、水戸発東京方面ゆきのJR高速バス【常磐高速線(赤塚ルート)】も当駅を経由します。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@新守谷駅(茨城)

評価
投稿日
2018-01-03

昭和50年代の周辺宅地開発事業「常総ニュータウン」プロジェクトに合わせて開業した駅です。赤レンガの駅舎は近代的で、隣の守谷駅につくばエクスプレス線が通るまでは、当駅が関鉄で一番垢抜けた感じがしていました。そしてかつて3番線は行き止まり式のプラットホームで、開業当初は取手~新守谷間の区間便が多数運転されていたこともありました。今は守谷市の都市化と共に守谷駅を中心とした関東鉄道バス(路線バス)網が発達し、当駅の元気さは弱まっているように思えます。また、常磐自動車道・谷和原ICが近いことから、かつてはJRバス【常磐高速線】が駅前の「新守谷駅入口」を経由していました。そしてJR深夜バス【らくらくミッドナイト守谷】(東京-新守谷駅入口)というのも昔はあって、友人宅に遊びに行くときに利用したことあったなぁ。(←【らくらくミッドナイト守谷】号は、現在廃止。)

「川崎市民っす!」さんからの投稿@日本大通り駅(神奈川)

評価
投稿日
2017-12-31

当駅は【日本大通り(県庁・大さん橋)駅】という駅名で、「県庁・大さん橋」という副駅名が付いています。トランプのキング・クイーン・ジャックに例えられる横浜三塔のうちの「キングの塔」と呼ばれる【神奈川県庁】本庁舎のスグ脇に出られ、また、大型客船が発着する【大さん橋国際客船ターミナル】、【赤レンガ倉庫】、【象の鼻パーク】、【山下公園】へも行けます。但し、山下公園は西側に近いので、東側に片寄る「氷川丸」や「シーバス」乗場へは、一駅隣の【元町・中華街(山下公園)駅】が便利です。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@下徳富駅(北海道)

評価
投稿日
2017-12-31

駅前にはJA等の農業倉庫が建ち並び、かつて農作物を鉄道貨物輸送していた頃から荷物集約拠点だったであろう名残が感じられます。今では一日上下1便づつのワンマン【普通】列車しか来ない駅員無配置駅となっていますが、かつて有人駅だった頃のしっかりした佇まいの駅舎が残っており、駅前に一本の立木がある小さなロータリーも「駅の威厳」を感じさせる物件です。昔は、大勢の人が集まり列車を待ち、改札鋏のカチカチ音が響き…というような風景があったのだろうな~。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@大歩危駅(徳島)

評価
投稿日
2017-12-31

「大歩危」「小歩危」と名付けられた風光明媚な吉野川の渓谷地帯にある駅です。奥祖谷(かずら橋)方面への四国交通バスとのジャンクション駅でもあります。駅舎には、まんが「ゲゲゲの鬼太郎」にも登場する【子泣き爺(児啼爺)】の像が「妖怪駅長」として迎えてくれます。元々はこの地方発祥の妖怪だからなのだそうな。因みに、特急列車停車駅ですが駅員無配置駅で、通常は駅員さんはいません。(稀に車内補充券発行機を持った駅員さんが派遣されてくることはある。)尚、自動券売機は常設されているので、普通乗車券や自由席特急券は、券売機で購入出来ますよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@下灘駅(愛媛)

評価
投稿日
2017-12-30

私はこれまで何度も、地元・川崎市内のJR南武線駅構内ポスターにて掲示された「青春18きっぷ」の発売告知ポスターに【下灘駅】が取り上げられるのを見る度に、下灘駅への旅の憧れを感じてきました。実際に行ってみると、解放感抜群な風景・伊予灘の穏やかな海・駅舎内からプラットホームを眺めたときに伊予灘の海の風景に入りこむ下灘駅駅名標の絶妙な構図など、「行って良かった~!」と思える場所でした。ただ、駅のプラットホームから覗きこむと、眼下の海岸沿いには車がビュンビュンと走る道路があるのが残念なところです。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@石見都賀駅(島根)

評価
投稿日
2017-12-30

当駅は、昭和50年開業という比較的歴史が浅目なところもあり、プラットホーム構造や出入口旅客通路も近代的な構造です。列車交換設備はあるものの、今のダイヤでは上り下りの待ち合わせが無いのは寂しいところです。JR三江線では、沿線に残る伝統芸能「石見神楽」で路線を盛り上げようという『三江線神楽キャンペーン』が実施され、その一環として神楽愛称駅名板が各駅に掲げられています。石見都賀駅には【髪掛けの松すてーしょん】という愛称が付けられ、プラットホームにある神楽愛称駅名板を見ると、その演目(髪掛けの松)の解説が記されているんですよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@烏山駅(栃木)

評価
投稿日
2017-12-26

かつては木造の旅情ある終着駅の駅舎と国鉄型ディーゼルカーがいて、鉄道を利用した旅の憧憬が感じられる風景がありましたが、駅舎建て替えと新車(蓄電池式電車)導入により、ガラッとその雰囲気は変わってしまいました。また、かつて当駅からJRバス【常野線】(常陸大子-藤沢-馬頭-小川辻町-烏山-芳賀黒田-茂木)が接続しており、水郡線や真岡線方面へも通り抜け出来ました。2011年に烏山からのJRバスが全廃された後も、駅前のそば店「山あげそば」はJRバス関東直営として残りました。お店のおばちゃん、今も元気かなぁ?

「早く行きたい」さんからの投稿@豊橋駅(愛知)

評価
投稿日
2017-12-25

まだいったことがありません。豊川稲荷へ。新幹線を降り、すぐに行けるのでしょうか?

最終更新日時:2017-03-06 10:04:10