駅クチコミ情報

「川崎市民っす!」さんからの投稿@赤木駅(長野)(長野)

評価
投稿日
2018-04-22

長野県伊那市の南端に位置する小さな駅員無配置駅です。プラットホーム上にある待合室は奥行が狭く小さなものですが、その建物内のベンチに座って線路向こうを眺めると、伊那の山々が一望です。晴れた日の青空の中で列車を待つと、何ともノンビリした気分になります。駅出入口は、プラットホームの上り方(豊橋方)に一箇所のみ。駅前の道は三州(三河)に続く三州街道の「旧道」です。この道は狭いですが、車の通行量が多めなので徒歩通行時には注意が必要ですよ。因みに赤木駅前からは、伊那バスとJRバス関東共同運行の路線バス【伊那本線】(赤木駅前-伊那バス本社前-伊那バスターミナル-伊那中央病院-南箕輪村役場-ベルシャイン箕輪店-箕輪営業所-ベルシャイン伊北店前)が発着します。この路線バスは、伊那市・箕輪町・南箕輪村の3自治体連携政策≪伊那地域定住自立圏≫圏域内移動・交流促進の取組みの一環のとして2017年に開業。飯田線の補完機能がある二次交通機関と言えると思います。私はJRバス便で利用しましたが、特に当駅前から「伊那バス本社前」までの区間は狭隘路を進みローカル色が濃く、車窓も楽しめました。

「キャン(^^)」さんからの投稿@流山駅(千葉)

評価
投稿日
2018-04-22

良いですね、流鉄。本日は【あかぎ号】と【若草号】に乗車できました!流山駅にて橙色の流星号と水色号にも出逢えましたから!今年の8月から運行予定の桃色車両は【さくら号】ですってね。乗車券購入時に缶バッチも頂けましたし、このプチ旅、楽しめましたよ!さ、帰りにSHOSENグランデ寄ってこ♪

「遥」さんからの投稿@総合運動公園駅(兵庫)

評価
投稿日
2018-04-22

この駅が最寄りのほっともっとフィールド神戸はプロ野球オリックスの本拠地ですがホームゲームのほとんどが京セラドームでの開催が多くなって寂しい

「川崎市民っす!」さんからの投稿@琴電屋島駅(香川)

評価
投稿日
2018-04-21

「源平 屋島の合戦」で有名な古戦場のある【屋島】への最寄駅です。駅員無配置駅ながら、経済産業省の近代化産業遺産に認定されたレトロな駅舎は旅情を感じさせる良い雰囲気を醸し出しています。現在の屋島は、四国本島と陸続きであるような地形ですが、江戸時代からの埋め立てが為されるより前の屋島は、その名の通り独立した「島」でした。とは言え、現在も屋島を囲んで【相引川】という河川があるが故に、厳密に言えば四国本島とは離れています。琴電屋島駅は、その「島内(島と地続き)側」に位置します。四国八十八ヵ所霊場の内、第八十四番札所となる【屋島寺】や、【新屋島水族館】は屋島の山上にあり、ことでんバス【屋島山上行シャトルバス】(JR屋島駅-琴電屋島駅-屋島山上)でアクセス出来ますよ。因みに、曾ては当駅から徒歩5分程のところに、屋島登山鉄道(屋島ケーブル)の【屋島登山口駅】が存在し、そのケーブルカーで屋島山上へ行けましたが、利用客減少により2004年に運行休止・2005年に廃止となりました。屋島登山口駅の駅舎は取り壊されましたが、プラットホームと車輌は屋島登山口駅跡に残されています。

「からくり」さんからの投稿@天神橋筋六丁目駅(大阪)

評価
投稿日
2018-04-20

阪急および地下鉄谷町線と堺筋線の乗り換え駅ですが地下鉄同士の乗り換えは南森町駅のほうが便利です。

「通路が最悪」さんからの投稿@月島駅(東京)

評価
投稿日
2018-04-20

通路の歩行区分がきちんとされてないため、マナーも悪く最悪。ラッシュ時は特にひどく。朝は大江戸線からの人帰りは有楽町線からの人が地下通路いっぱい広がるため、反対方向から歩くときはいつも危険と隣り合わせ。子連れの方は注意した方が良いでしょう

「にゃにゃにゃ」さんからの投稿@長後駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-04-19

長後街道という道もあるくらい、昔は宿場町だった長後。西口、東口の駅前のロータリーも整備され、明るい感じになった。昔ながらの東口商店街にあったユニーが撤退後、戸建やアパートが建ち、駐車場ができ悲しいです。アキズでお茶、ユニーや魚政、一二三堂書店で買い物良かったなぁ。OXストア、生協、マック、古久屋(中華)、パンプキン(洋食)、ドトール、長後庵(蕎麦)、郵便局、浜銀、りそな、あります。小田急線急行停まります。「長後まつり」賑わいます。是非来てください。

「キャン(^^)」さんからの投稿@千鳥町駅(東京)

評価
投稿日
2018-04-18

東急池上線の千鳥町駅は【2国】第二京浜、国道1号と【環八】環状8号線のちょうど中間辺りに位置します。多摩川線の武蔵新田や下丸子駅からも徒歩圏内ですね!多摩川線沿線にお住まいの方やお勤めの方は千鳥町駅まで歩いて池上線を利用される方も!安心ですよ、千鳥町駅目の前にも隠れた名店?酒場もありますから。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@日吉駅(神奈川)(神奈川)

評価
投稿日
2018-04-18

東急電鉄と横浜市交通局(横浜市営地下鉄)との連絡駅です。駅舎には、【日吉東急avenue(旧・日吉東急百貨店)】が併設され、買い物も楽しめます。更に、横浜市役所の【日吉駅行政サービスコーナー】や、【日吉駅内郵便局】も駅舎内に設けられており、生活総合駅としての機能も兼ね備えられています。因みに日吉駅周辺は、曾て1937年(昭和12年)までは横浜市と川崎市との間にあった【神奈川県橘樹郡日吉村】という独立した自治体に属していた時代があり、新川崎駅(JR横須賀線)や、鹿島田駅(JR南武線)の辺りまでも日吉村の村域でした。その後、村の中央付近を流れる「矢上川」を境目にして、横浜市側と川崎市側とに半分づつ合併され、今日に至ります。日吉の街は「横浜市内にある街」としての知名度は高いですが、旧・日吉村域の電話の市外局番は川崎市内扱いだった名残で、横浜日吉地域も1990年(平成2年)までは「川崎044」が使われていたことがあったり、逆に川崎日吉地域では川崎市幸区役所【日吉出張所】や、【川崎市立日吉小学校】という施設があったり…旧・日吉村の名残を探して散策するのも愉しいですよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@猿猴橋町駅(広島)

評価
投稿日
2018-04-18

広島駅を出た広島電鉄本線の電車が、最初の信号を越えるとスグに現れる電車停留場です。広島駅から歩いて行っても「あっ」と言う間に辿り着ける距離なので、ここまでならば広島駅からは電車に乗る必要が無いくらいの位置にあります。曾ての西国街道である「猿猴橋通り」と交わる交差点(猿猴橋町4番交差点)を挟んで、千鳥状に上り・下りの各乗降場が配置されています。電停名にもなっている地名・猿猴橋町は、付近を流れる猿猴川に架かる【猿猴橋】が由来の町名。更にその「猿猴」とは、地域に伝承される猿に似た架空の生き物のこととされ、猿猴川に棲んでいるという伝説があるようです。猿猴橋の現橋は1926年に架けられ、当時は「広島一」とも評された瀟洒な橋だったそうですが、戦時の【金属類回収令】施行による飾り金属類の撤去や、原子爆弾の被爆など、数々の困難に耐えた橋でもあります。そんな猿猴橋ですが、2016年には飾りの復元などが完成し、往時の姿を取り戻すことが出来ました。ゆっくり歩いて猿猴橋の欄干などの装飾を眺めながら渡ると、その装飾の立派なこと…よくぞ復元したものだと感じます。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@平間駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-04-17

南武線は、第二次世界大戦時に国有化されるまでは【南武鉄道】という私鉄であったこともあり、沿線の駅は首都圏のJRの駅らしからぬ小さな駅舎のところも多いのが特徴です。当駅【平間駅】も、平屋の小さな駅舎が平間銀座商店街の店舗と並ぶようにあり、まるで「商店街のお店」のように溶け込んでも見える小さな駅です。みどりの窓口が廃止されてからは、指定席券売機で特急券などが購入出来るような仕組みで、駅員さんの専らの仕事は有人改札通路での対応と、券売機の管理といったところです。当駅は神奈川県川崎市内に所在しますが、多摩川の向こう側(東京都大田区下丸子)にある光学機器などのメーカー「キヤノン」の本社までは直線距離で約1.5km程度のため、当駅から徒歩で通勤する人も多く、多摩川に架かるガス橋の朝は、平間駅からの多くのサラリーマンが渡る風景が見られます。…ってことは、もうちょっと頑張れば、下丸子駅(東急多摩川線)にも徒歩で行けますよ!(笑)

「川崎市民っす!」さんからの投稿@東川口駅(埼玉)

評価
投稿日
2018-04-15

東川口駅(JR東日本・埼玉高速鉄道 合同)主催による「ラーメン激戦区東川口スタンプラリー」が2018年にも開催(3.16~4.15)されました。これは、9店舗ある指定ラーメン店のうち2店舗でラーメンを食べて、台紙に店名スタンプを集めると、東川口駅(埼玉高速鉄道改札窓口)にて先着500名にJR&埼玉高速鉄道オリジナル鉄道グッズが贈呈されるというもの。指定ラーメン店舗は【ラーメン屋 桑原亭】・【鳳神角ふじ】・【中華料理 華苑】・【中華料理 龍珍楼】・【Japanese Noodles 88(2017年~)】・【麺処 ふる里(2018年~)】・【拉麺 麺虎(2018年~)】・【らーめんみずさわ 東川口店(2018年~)】・【天下一品 東川口店(2018年~)】(順不同)…もちろん私は、2店舗には飽きたらず、全店舗オジャマしましたよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@伊那市駅(長野)

評価
投稿日
2018-04-12

「高遠コヒガン桜」で有名な高遠城趾公園のある伊那市高遠町方面への玄関口となる駅。当駅から高遠方面へ繋ぐ路線バス・JR【高遠線】(高遠-美篶-伊那市-伊那北-伊那中央病院-上伊那農業高校)との接続駅となります。伊那市駅を通る鉄道線であるJR【飯田線】は、JR東海の所管路線なので、JRマークは「オレンジ色」ですが、路線バスのJR【高遠線】はJRバス関東(JR東日本系)の所管なので、JRマークは「グリーン色」となっており、少々不思議な感じです。(国鉄が分割民営化しJRが発足した際、「国鉄関東自動車局」管轄のバス路線は、東日本旅客鉄道(JR東日本)のバス路線として引き継がれ、さらにバス部門分社化によりJRバス関東の路線となった。)高速バス路線の発達とは反比例して路線減少が進むJRバス一般路線の数少ない生き残りであるJR【高遠線】で、伊那の美しい山々の風景を眺めながら楽しむ旅も良いものです。

「キャン(^^)」さんからの投稿@上総中野駅(千葉)

評価
投稿日
2018-04-09

五井駅から小湊鉄道に揺られ終点の【上総中野駅】大多喜、大原方面への【いすみ鉄道】の始発駅でもありますね!竹を割った公衆トイレに、ホーム上に咲く菜の花がとても綺麗でしたよ。のどかな一日を過ごせました♪

「川崎市民っす!」さんからの投稿@波子駅(島根)

評価
投稿日
2018-04-08

バブルリングを出すシロイルカがいることで有名な中四国最大の水族館・「島根県立しまね海洋館【アクアス】」の最寄駅です。曾て駅員無配置駅だった時代もありますが、アクアス開業と共に簡易委託駅となりました。当駅からアクアスへの道は、【アクアスロード】という散策路を歩いて10分程度。モータリゼーションの進捗した世の中で、あえてアクアスまで「公共交通機関利用のルート」も確保しているのは率直に素晴らしいことだと思いました。公共交通は「公」の乗物ですからね。因みに駅舎は「波子駅会館」として活用され、とっても綺麗に管理されています。乗車券類の発売窓口は、駅舎内からプラットホーム側に出てスグ左側にあります。車掌用携帯発券端末での発券なので、ここで切符を買っても少々味気無いペラペラの感熱用紙切符が出てきます。駅舎は集落から少し上がった高台にあり、石見地域独特の「石州瓦」で葺かれた茶色い屋根の民家が建ち並ぶ風景が見られます。また、駅裏手の丘の上には、【古城山展望台】が地域の方々により整備され、手作り感抜群の登山道を上がれば更に、石州瓦屋根の街並みのみならず、アクアスや日本海まで一望ですよ。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@東総元駅(千葉)

評価
投稿日
2018-04-06

当駅は、里山に囲まれた駅員無配置駅です。テレビ東京の番組企画で改築された駅舎は、おみくじが廻せるようになっている部分があり、「運試し」が出来る駅です。因みに、駅近くを流れる夷隅川には【大戸の洗い越し】と呼ばれる少々ワイルドな道があります。「洗い越し」とは、常時水面下に沈んだ状態の横断道のこと。「道」としての部分だけ川底が浅くなっていて、ジャブジャブと川の流れを受けながら横断出来ます。現在は一般車輌通行禁止の為に徒歩での横断となります。水面を見ながら歩くと、川に流されてしまいそうな錯覚に陥るので、比較的遠くを見て歩くことが大事です。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@本川越駅(埼玉)

評価
投稿日
2018-04-06

2012年10月、当駅には「副駅名」が制定され、【本川越(時の鐘と蔵のまち)駅】となりました。川越市は、蔵の建ち並ぶ重要伝統的建造物群保存地区が「小江戸」として観光地となっていますが、その地域へは川越駅や川越市駅よりも当駅が一番最寄りです。更に、2016年2月には【西口】が開設され、それまで駅東側に一ヶ所しか無かった駅出入口が増えたことにより、東武東上線・川越市駅へ徒歩連絡が容易になりました。(本川越駅←→川越市駅は、徒歩で7~8分。西口開設前は大きく迂回するような道程だった為に倍近い時間がかかっていた。)

「川崎市民っす!」さんからの投稿@成増駅(東京)

評価
投稿日
2018-04-04

当駅は【快速】【急行】【準急】【普通】の停車駅。駅前から少し歩いてゆくと住宅街が広がります。また、駅北方(三田線・西高島平駅方面)へ20分程歩けば、【赤塚城趾】【乗蓮寺(東京大仏)】【板橋区立郷土資料館】といった施設が集まる里山の地域があり、休日の散策も愉しい駅周辺です。当駅のメリットとなるポイントは、上り(池袋)方面普通列車で「当駅始発」の便が多数運転されているということ。池袋~成増の区間運転列車があることで、上り方面列車の着席の機会が増えます。

「キャン(^^)」さんからの投稿@上神梅駅(群馬)

評価
投稿日
2018-04-02

わたらせ渓谷鐵道【上神梅駅】!し、渋すぎる…レトロな駅舎ですね(゜o゜)ホームに咲いていたお花が鮮やかでした。計画通り、上神梅駅から隣駅の大間々まで徒歩で向かう事に。国道122号線をてくてくと、渡良瀬川と線路を意識しつつ、車に気をつけながらの1時間チョイ!到着しました、大間々駅へ!【こうしん号】がお出迎え!…さぁ、グッズグッズ!

「キャン(^^)」さんからの投稿@水沼駅(群馬)

評価
投稿日
2018-04-02

わたらせ渓谷鐵道乗って来ました(^^)/ 水沼駅にある温泉センターにて露天風呂にドップリ!食事コーナーでは炭焼き鳥&とろろで一杯♪酔いざましに水沼駅周辺を散策…fantasticな桜にお出迎えしてもらい、充実したgood dayになりました。【わ鐵】…渋すぎる…

最終更新日時:2018-03-29 13:55:58