駅クチコミ情報

「川崎市民っす!」さんからの投稿@たびら平戸口駅(長崎)

評価
投稿日
2018-06-20

現在は【たびら平戸口駅】という駅名ですが、国鉄からJRを経て松浦鉄道による運営に変わってスグの頃までは【平戸口駅】という駅名でした。当駅から地図上で西の方に目を向けてみると、≪平戸島≫が控えており、その入口にあたる地域にある駅だからこそ、平戸口駅と名付けられたんですね。今でこそ、長崎県平戸市に当駅は位置しますが、平成の市町村合併が推し進められた時期に平戸市に吸収されるまでは、「長崎県北松浦郡田平町」が当駅の所在地でした。このことから、≪たびら(田平)≫の地名が駅名に入るように働きかけられて駅名変更したんですね。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@船橋競馬場駅(千葉)

評価
投稿日
2018-06-19

船橋競馬場の最寄り駅のその名も【船橋競馬場駅】。駅から歩いて5~6分程行けば、船橋競馬場に辿り着けます。ナイター競馬も行われることがあり、イルミネーションが綺麗でした!また、競馬場内グルメもおすすめ。モツの煮込みやらラーメンやら…いかにも「競馬場内らしさ(!?)」なメニューで舌鼓を打ってみるのも、街探検の楽しみでもあります。【OKストア】が競馬場脇にあったり…競馬場から更に5分程歩いて行けば【ららぽーとTOKYO-BAY】もあったり…休日にショッピングも楽しめるところが当駅周辺には沢山あります。因みに、ららぽーとTOKYO-BAYへは、船橋競馬場駅の南口を出てから京成線に並行する道路を京成上野方に少し歩いて行ったところにあるバス折返場から、京成バスの【ららぽーとTOKYO-BAY 無料シャトルバス】が運行されています。そのららぽーとからは、南船橋駅(JR京葉線)も近いことから、行きと帰りとで利用する駅を変えてみるのも、街歩きをする上では愉しいかもしれません。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@押上駅(東京)

評価
投稿日
2018-06-18

駅名標や路線図のほか、車内の案内放送などでも【押上(スカイツリー前)駅】と呼称しており、副駅名で「東京スカイツリーの真ん前にある駅」ということを強調しています。実際に東京スカイツリー本体へも通路で繋がっており、それだけでなく東京スカイツリータウン(東京ソラマチ)でのショッピングのために利用しても非常に便利な駅です。都営地下鉄【浅草線】と京成電鉄【押上線】とは同一改札口内の乗場となっており、各々の路線は相互乗り入れを行っています。また、東京メトロ【半蔵門線】と東武鉄道【伊勢崎線(東武スカイツリーライン)】とは、こちらはこちらで同一改札口内乗場で相互乗り入れを行っています。(つまり、4路線の鉄道の起終点となるジャンクション駅ですが、「都営&京成」のりばと「東京メトロ&東武」のりばとの二系列に分かれている。)また当駅は、付近にある【とうきょうスカイツリー駅】とは東武鉄道の運賃計算の特例で「同一駅」とみなされており、とうきょうスカイツリー駅で乗下車できる乗車券類は、押上駅も利用できます。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@高崎商科大学前駅(群馬)

評価
投稿日
2018-06-16

高崎商科大学への通学利便性向上のために開設された【高崎商科大学前駅】は、プラットホーム片面一線だけの駅員無配置駅です。高崎方からの列車が到着すると、ゾロゾロと学生さん達が降り立つ風景が見られ、その学生さん達と一緒に歩いてゆくと(笑)、5分程度で高崎商科大学のキャンパスに辿り着けます。そのキャンパス敷地の周りを更に進むと田園風景が広がり、遠く視界に見える高架線にはJR上越新幹線が颯爽と走る風景が眺められます。因みに上信電鉄上信線の線路は、高崎駅構内でJR在来線と連絡線路で繋がる部分があり…JR在来線の線路は、青函トンネルの部分でJR新幹線と共用している部分があるので…よくよく考えてみると、上信線と上越新幹線との線路も、物理的には繋がっていることになるんだなぁ…と、私が高崎商科大学の脇をテクテク歩いている間にシミジミと感じたのでありました(笑)

「なしこ」さんからの投稿@高円寺駅(東京)

評価
投稿日
2018-06-15

高円寺の駅員は遅延の知らせを本当にいつもいつも呆れる程何も出さない。もし知らせてくれていたら総武線(もしくは中央線)のホームに行った方が早かったということがこれまで数えきれない程あった。本当に腹立たしい。仕事に出勤する人は朝だけじゃない。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@東新川駅(群馬)(群馬)

評価
投稿日
2018-06-15

1993年開業の【東新川駅】は、上毛線では比較的新しい駅です。片面一線プラットホームの駅員無配置駅で、駅出入口はスロープになっています。当駅に降り立つと閑静な住宅街と共に、駅前の児童公園が目に入ります。この公園は【東新川駅北公園】と名付けられており、滑り台のような遊具の他、小さな築山があったりして、チビッコ達が鬼ごっこなどして遊ぶには程良い地形(!?)です。因みに、その築山には土管がトンネルとなるように埋められていて、最近はめっきり見ることの少なくなった「土管のある児童公園の風景」がそこにはありました(笑)。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@三崎口駅(神奈川)

評価
投稿日
2018-06-15

マグロの水揚げで有名な≪三崎港≫への入口にあたる当駅【三崎口駅】は、2017年に駅名標が【三崎マグロ駅】に変えられました。当初は2017.12.3までの予定でしたが、好評だったようで期間延長され、2018年になっても駅名標は【三崎マグロ駅】です。三崎港や城ヶ島方面へは、当駅前から京浜急行バスに乗り継いで行けます。因みに、泉岳寺駅と当駅を除いた京浜急行電鉄の沿線駅では、食事券などがセットになった【みさきまぐろきっぷ】という企画乗車券を発売しています。この切符は、「(1)≪発売駅←→三崎口≫間鉄道往復&京浜急行バス指定区間フリー乗車券」・「(2)まぐろまんぷく券」・「(3)三浦・三崎おもひで券」の3枚セットの切符ですが、このうちの「三浦・三崎おもひで券」を利用すると、当駅前から【KEIKYU OPEN TOP BUS】という京急の二階建てバスに乗車が出来ます。(駅前にある「KEIKYU OPEN TOP BUS 案内所」にて座席指定乗車券に引き換えることが必要です。)

「川崎市民っす!」さんからの投稿@今市駅(栃木)

評価
投稿日
2018-06-13

当駅【今市駅】から歩いて10分程度のところにある【下今市駅】(東武鉄道日光線)は、東武鉄道の目玉列車【SL大樹】の始発駅でもあることから、今市駅までは「青春18きっぷ」でJR日光線経由で訪れ、そこから下今市駅までは徒歩連絡を試みるような旅程の人々も見られます。現在の今市駅舎は2014年に建て替えられたものですが、それまでは瓦葺きのドッシリとした雰囲気の駅舎がありました。また、新駅舎供用と共に指定席券売機が設置され、みどりの窓口は廃止されてしまいました。今市は、古くから日光例幣使街道沿いの街として賑わう地域です。「平成の市町村合併」がトレンドだった時、(旧)今市市は(旧)日光市などと合併して(現)日光市となりましたが、日光市役所の本所は今市に設けられました。国道119号線沿いの【道の駅 日光】は今市駅からも歩いて7~8分もあれば行けますが、人気の高い道の駅なので、駐車待ちの車の列も出来る程です。私は、道の駅敷地内にある【日光観光協会】の方にスゴく親切にして戴いたことがあり、今市は私にとって良い思い出のある街でもあります。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@浅草駅[つくばEXP](東京)

評価
投稿日
2018-06-12

つくばエクスプレス線の【浅草駅】は、(東京メトロ)銀座線・(東武鉄道)伊勢崎線・(都営地下鉄)浅草線の【浅草駅】からは少々離れた場所に位置しており、どちらかと言うと「浅草六区の駅」というような存在。浅草名所の遊園地【浅草花やしき】や、浅草のランドマーク的なホテルと言える【浅草ビューホテル】・昼前から入場すれば夜までずっと落語が聞ける【浅草演芸ホール】(←途中出場出来ないので、入るのならば夜まで居座るのがおトク!(笑))など、いわゆる「浅草六区」の地域を訪れるには便利です。つくばエクスプレス線が開業した際に、既存の浅草駅からは離れた場所に当駅は開業したにもかかわらず、ナゼ同名の「浅草」と名付けたのだろう?…と感じます。東京メトロ・東武・都営の浅草駅とは離れているが故に、各線との連絡の取扱いもありません。不案内な人が乗換駅として利用しようとしたら、混乱を招きそうな気がします。

「みーちょ」さんからの投稿@相生駅(兵庫)(兵庫)

評価
投稿日
2018-06-11

新しくwi-fiが使えるラウンジがオープンし、トイレ、充電場所、自動販売機等が使えます。とても居心地がよく、電車に遅れた際に利用しました。

「キャン(^^)」さんからの投稿@岳南江尾駅(静岡)

評価
投稿日
2018-06-11

岳南電車の終点、始発駅ですね!駅舎を出て左手に新幹線のガードがあります。その真下にある岳南電車の踏み切り、良いですね!電子音ではありません!今の時代に珍しいですよね!ホームには橙色の【祭】ラッピング電車がスタンバイ!

「川崎市民っす!」さんからの投稿@三越前駅(東京)

評価
投稿日
2018-06-10

当駅【三越前駅】の開設にあたっては、駅と繋がる老舗デパートの【三越】が建設費を負担したというのは有名な話です。よく、駅の前にあるデパートのことを「駅前デパート」などと表現したりするものですが、三越前の場合は、むしろその逆で「デパート前駅」と言うべき存在のように思えます。東京メトロ【銀座線】と、同【半蔵門線】とが当駅に乗り入れますが、日本橋三越本店を中心として見た場合、銀座線の乗場は「北東側の比較的≪浅い地下≫に所在」・半蔵門線の乗場は「南側の比較的≪深い地下≫に所在」といった位置関係でちょっと離れており、両線の乗換駅として当駅を利用しようとした場合にはソコソコ距離があり、歩かされます。また、銀座線・半蔵門線各々が改札内通路では繋がっておらず、乗換でも一旦改札口を出入りする必要があり、その時に紙のキップの場合は取り忘れに注意が必要なことと、途中下車前途無効となる乗車券での乗換時の改札外滞在時間は30分の制限があります。「ちょっと買い物でもしよう!」…ということをしてしまうと、「あっ」と言う間に30分経っちゃうかもしれませんから(笑)。

「ジャン」さんからの投稿@国際センター駅(宮城)(宮城)

評価
投稿日
2018-06-07

プラットホームは地下、改札は地上の1階にあり、そこから2階へ上がると、東西線の電車が地上に出て緑豊かな広瀬川を渡る鉄橋や、川の向こうの西公園や都心部が見渡せます。 国際センターへの出口の前には仙台出身の2人のフィギュアスケート選手、トリノ五輪金メダリスト荒川静香選手と、ソチ五輪とピョンチャン(平昌)五輪の金メダリスト羽生結弦選手の姿を刻んだレリーフが建っています。さらに、国際センターの敷地を抜けて信号を渡ると、日本のフィギュアスケート発祥の地となった長沼があります。 コンビニやATMなどが近くに見当たらない、仙台市内でも特殊な環境ですので、その点はちょっと要注意。 喫煙所は国際センターの「展示棟」と「会議棟」との間に1ヵ所と、「会議棟」の南側(駅から見た反対側)の玄関の横にも1ヵ所あります。

「ジャン」さんからの投稿@長町南駅(宮城)

評価
投稿日
2018-06-07

喫煙所は、南1番出口そばの区役所の大きな建物の外にあります。 東1番出口直結のザ・モールの本館1階の左奥や、西3番出口直結のララガーデンの1階にも喫煙室があります。

「ジャン」さんからの投稿@長町駅(宮城)

評価
投稿日
2018-06-07

喫煙所は、JRの改札を出て正面のtekute(てくて)に入っていちばん奥の左側にあります。 tekuteの営業時間外でも利用できる喫煙所は、JRの西口の向かい側の高層ビル“たいはっくる"の1階の奥(太白図書館や太白区文化センターの右側の通路の奥=地下鉄からは南1番出口の上)にあります。

「ジャン」さんからの投稿@八木山動物公園駅(宮城)

評価
投稿日
2018-06-07

日本じゅうの地下鉄の中で、いちばん高いところにある駅だそうです。改札から地上へのエレベーターで屋上の展望スペースに行くと、仙台の太白区周辺だけでなく、遠く仙台湾まで見渡せます。夜景もステキです。ちなみに、屋上じゃなくても、地下のプラットホーム自体が日本の地下鉄でいちばん高い位置にあるんだそうです。 この駅の少し手前で電車はトンネルを出て鉄橋を渡って、またトンネルに入るのですが、こんな市街地の中に、こんなに深く切り立った崖の谷を渡る鉄橋があり、そこだけ深山幽谷の世界…、都会の中を地下鉄で移動していることを一瞬忘れてしまいそうな景色です。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@根室駅(北海道)

評価
投稿日
2018-06-07

根室駅の所属路線・根室本線は、≪日本最東端の鉄道路線≫と言うことが出来ますが、かつて1959年までは更に東へ向かう軽便鉄道路線【根室拓殖鉄道線】(根室-歯舞)という路線もありました。根室拓殖鉄道の会社自体は鉄道廃止後、根室地域の路線バス会社【根室交通】として系譜を繋ぎます。その根室拓殖鉄道の根室駅は、根室本線の根室駅からは少々離れた場所で、現在の根室交通バスの車庫(根室交通 有磯営業所)の敷地にあったそうです。停車駅は…根室-友知-共和学校(仮乗降場)-沖根婦-沖根部(仮乗降場)-引臼(仮乗降場)-婦羅理-歯舞。因みに、現在、歯舞駅跡付近に≪日本最東端のコンビニエンスストア≫の【セイコーマート うちやま歯舞店】があります。北海道では他のコンビニを凌駕する勢いの「セコマ」ですが、KitacaやSuicaといったICカード乗車券で決済が出来るようになったときに、JR東日本Suicaペンギン絵柄のチラシが置いてあってビックリ!…鉄道路線が歯舞から消えても、時を経て鉄道系ICカードが使える場所があるのは不思議な感じです。記念にSuica決済で買物してきました(笑)

「川崎市民っす!」さんからの投稿@根室駅(北海道)

評価
投稿日
2018-06-05

「有人駅」としては≪日本最東端の駅≫となる【根室駅】。真の日本最東端の駅は、当駅から上り方へ一駅隣にある【東根室駅】ですが、そちらは簡素なプラットホームだけがある駅員無配置駅となっていることから、根室駅のみどりの窓口では、当駅の普通入場券だけでなく、東根室駅の普通入場券も発売しています。日本最東端駅への訪問した際の記念となりますね。因みに、根室駅舎を出て左の方へ進むと、住宅街の脇に根室本線の線路の終端部分が見える場所があります。その場所には『根室本線終点』と記された看板と共に、滝川駅・札幌駅・東京駅までの距離が示されています。…「東京駅まで 1,607 k 576 m」という記載があり、関東から訪問した私の立場からすると、延々と鉄路を辿って来た旅の軌跡と重ね合わせ、「思えば、遠くへ来たもんだなぁ~…。」と感慨深く感じます。よくよく噛みしめて考えてみると、これだけ道路が発達した世の中にあっても、津軽海峡を越えて本州と繋がっているのは「鉄道」だけなんですよね。すごいことです。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@矢切駅(千葉)

評価
投稿日
2018-06-05

「矢切」という地名から連想するのは、演歌にもなった江戸川の渡船【矢切の渡し】。千葉県松戸市下矢切と、東京都葛飾区柴又とを結ぶ航路です。矢切駅の発車メロディーは、勿論「(演歌)矢切の~渡~し~」!そして、当駅改札口を出た正面には、実際に矢切の渡しで使われていた木造船が展示されています。(矢切の渡しの船頭さんから松戸市に寄贈された船を、北総鉄道の厚意で場所を貸して展示しているのだそうな。)但し、矢切駅から矢切の渡しの渡船場までは少々距離があり、徒歩では30分程度かかります。丘の上側に駅があるので、渡船場側から駅を目指す行程だと、坂道を上がることになるので、多少シンドイかもしれません。「矢切の渡しがメイン」となる旅程ならば、当駅利用よりも、対岸・東京都側の柴又駅(京成電鉄金町線)からのコースをオススメします。なお、千葉県側渡船場付近は穏やかな田圃が広がる風景の場所なので、「ノンビリ散策しながら矢切の渡しへ」という旅程ならば、逆に当駅下車して散策するのが良いと思います。

「川崎市民っす!」さんからの投稿@たびら平戸口駅(長崎)

評価
投稿日
2018-06-04

当駅は、現在の松浦鉄道による運営となるより以前の、JR(←国鉄)松浦線だった当時から≪日本最西端の駅≫として君臨してきました。のちに2003年になって、沖縄県・沖縄本島内に沖縄都市モノレール線【那覇空港駅】が開業してからは、広義の鉄道最西端駅の座を譲ることとなりましたが、普通鉄道としては依然として当駅が日本最西端の駅です。駅の窓口では、「日本最西端の駅 訪問証明書」を交付してくれます。女性の駅員さんは非常に感じが良く、丁寧なご対応をして戴けました。駅の窓口スペースには「鉄道資料館」が併設され、JR松浦線当時のさよなら列車ヘッドマーク等が展示されています。駅構内は国鉄時代からの長めのプラットホームが残り、1両編成のワンマン【普通】列車では持て余し気味ですが、列車を迎える駅員さんの姿や、駅に棲みついたネコが元気に走り回る風景、駅舎にはまだまだ窓枠がサッシでないものが残っていたり…ほのぼのとする旅の情景が残る駅です。

最終更新日時:2018-03-29 13:55:58